FC2ブログ

記事一覧

甲子園準々決勝 大阪桐蔭VS浦和学院 やはり強すぎる?

今日は朝から甲子園テレビ観戦です。

甲子園準々決勝、もっとも注目されているカード
大阪桐蔭VS浦和学院戦

さきほど終わりましたが、やはり大阪桐蔭半端ないです!


浦和学院投手渡部君

顔も体格もピッチングフォームもエンゼルス大谷君そっくりですね。

対する大阪桐蔭投手根尾君

やっぱりいい球投げるな〜

5回までは両投手の頑張りで3対2の接戦、大阪桐蔭1点勝ち越して終盤を迎えます。

ただ、ここからが今大阪桐蔭の基本に忠実が活かされる試合となりました。

過去の記事に大阪桐蔭の強さを調べましたがこの通りになりました



6回表、大阪桐蔭の攻撃
浦和学院の消極的な守備(送りバントで2塁アウトに出来たところを確実に1塁でアウトにする)から流れが桐蔭へ

ここから1アウト満塁までチャンスを作り

2番青地君、左投手の外角を逆らわずレフト前2点タイムリー

3番中川君、外角のスライダー我慢して溜めてセンター方向へタイムリー
相手の守備がもたつく中隙の無い走塁で2塁まで進塁

4番藤原君、前の打席でホームランを打ってるが前進守備の体系をみてセンター方向へ叩きつける基本的なバッティングで2点タイムリー

6番石川君、ピーチャー返しでタイムリー

卒のない攻撃で集中打でこの回だけで6点を入れます。

送りバントから始まり、代走も使ったりと西谷監督の流れ呼ぶ采配、流れを止めない采配も光った回でした。

そして次の回も大阪桐蔭の強さが見えたシーンが。

この回から根尾君に変わり柿木君が投手になります。

9対2と点差があり経験豊富な柿木君ですので余裕を持ったピッチングが出来ると思ってました。

しかし柿木君、大きく深呼吸をしたり笑顔を作ったり周りの選手に声を掛けたりと緊張感たっぷりで1球1球投げてました。

人は程よい緊張感があってこそ最大のパフォーマンスが出来ると言います。

ここらへんのメンタルの持ち方も西谷監督によって指導されてるのかな?

結果、柿木君が投げてからは1点も取られず11対2で大阪桐蔭圧勝です。

このチームは本当に強い!!


試合後の西谷監督のインタビュー

大量得点の要因は
・しっかりと各バッターがボールを叩けた事
・コーチ、情報収集班が相手投手のデータを分析し選手たちが活かせた

と挙げております。

今や高校野球もデータ収集する時代なんですね。笑
プロ野球みたいだ。

圧倒的な練習量、選手たちのスキル、裏方のデータ収集。

こんなチームに勝てるとこあるのかな?

コメント

KEYWORDS:

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

ハムちゃんほー

Author:ハムちゃんほー
野球好きの道産子ブロガー✍

野球に限らずスポーツ全般の観戦が趣味(テレビ観戦メインですが。笑)

特に野球が好きで、産まれも育ちも北海道という事で日ハムファンです⚾
2004年に北海道へ移転してきてからずっと応援してます📣

筆者自身も小2から22歳まで野球経験あり(最終歴は朝野球)
今は朝野球のチームがどっかにないか探してます!

根っからの野球人として大好きな日ハムについて発信し一人でも多くの人が野球を好きになってもらえれば幸せです😆
(理想は北海道全体が野球で盛り上がり続けてれば筆者はずっと幸せ。笑)

つたない文章での発信になるかと思いますがよろしくお願いします!

スポンサーリンク