FC2ブログ

記事一覧

やっぱり野球に流れってあるのかな?

日ハムファンなのでまた日ハム戦について書かせていただきます。

今日は対ロッテ戦3対1で敗戦😨

タイトルの通り流れのが分かりやすい試合でした。

試合序盤、日ハム幾度となくチャンスを作る、というか相手有吉投手の四球によりチャンスをもらいましたがことごとく物に出来ず。

対して日ハム先発有原投手、先月月間MVPの勢いそのままに5回まで1安打で2塁を踏ませないほぼ完璧な投球。

日ハム打線がチャンスを生かせない中、ロッテが6回にワンチャンスを物にし、あっさり2点を入れます。

なおも1アウト1.3塁、角中選手のところで有原投手ギアチェンジし、内野ゴロ、外野フライでもう1点入りそうな場面を空振り三振に抑えます。

ランナー変わらず2アウト、ここで抑えればピンチを切り抜けた事になり日ハムに流れが来るかと思ってましたが、鈴木選手にフルカウントからど真ん中の変化球を打たれ1点追加で3点目。

ここで勝負ありでした。

結局日ハムは西川選手のダブルプレー崩れ間の1点のみという何とも言えない点の取り方。

最終回もチャンス活かせずな流れの悪い1日でした。
他の試合も流れに注目してみると…


まず阪神広島戦

広島マジック点灯の可能性ありということで注目してました。

同点で迎えた8回の攻防、
表の広島の攻撃、この回から阪神は藤川投手が投げました。

1点を取られ、なおも1アウト満塁のピンチ、広島の調子の良さもあり畳み掛けられ勝負あったなと思われそうな感じでした。

しかしここで調子の良い西川選手、代打の切り札新井選手を連続三振で抑えます。
1点を取られましたが最大のピンチを抑えたのです。
ここが日ハムと違うとこでした。

この裏阪神は4点をとって逆転し勝ちました。


巨人ヤクルト戦も同じような形

ヤクルトがいい感じで点をとってるように思われますが、満塁やチャンスの場面で内海投手が踏ん張り大量失点はされてません。

粘り続ける中、徐々に巨人に流れが傾き、8回にビッグイニングを作り逆転しました。

しかし最後には青木選手、山田選手など個の力でヤクルトがサヨナラ。

流れにそっちのけで勝ったのが西武です。

完全に個の力で勝ちましたね。

対左投手に対して相性が悪い西武ですが、唯一相性のいい外崎選手とメヒア選手がホームランを打ち、山川選手も相性の悪さ関係なくホームランでさくっと4点をとります。

右投手に変わってからは安定の打線陣で着実に点をとり6点差跳ね除けてサヨナラ勝ちです。
強い強い^^;


今度流れについてじっくり研究してみたいです。

ピンチを抑えた後、
先頭打者の四球、
点が入ったら野球が動く、
などよく解説者の方が言ってますね。

これからの永遠のテーマにもなりそうですね。

コメント

KEYWORDS:

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

ハムちゃんほー

Author:ハムちゃんほー
野球好きの道産子ブロガー✍

野球に限らずスポーツ全般の観戦が趣味(テレビ観戦メインですが。笑)

特に野球が好きで、産まれも育ちも北海道という事で日ハムファンです⚾
2004年に北海道へ移転してきてからずっと応援してます📣

筆者自身も小2から22歳まで野球経験あり(最終歴は朝野球)
今は朝野球のチームがどっかにないか探してます!

根っからの野球人として大好きな日ハムについて発信し一人でも多くの人が野球を好きになってもらえれば幸せです😆
(理想は北海道全体が野球で盛り上がり続けてれば筆者はずっと幸せ。笑)

つたない文章での発信になるかと思いますがよろしくお願いします!

スポンサーリンク