FC2ブログ

記事一覧

新戦力調査 ワンボーロン

台湾の4割打者ワンボーロンが日ハムへ新加入し注目を集めている
ワンボーロンが有名になったのは2017年の日本代表と台湾代表の壮行試合
この試合で楽天則本からバックスクリーンへホームランを放ち強烈なインパクトを日本球界へ与えた
しかし台湾ではどんな選手なのか、日本球界へ対応できるかなど疑問が残るため簡単だが調査をしてみた


目次
  1. 台湾での成績
  2. 日本球界における課題
  3. 日ハムの予想スタメン

1.台湾での成績

台湾での成績は以下の通り

2015年 打率.324 本塁打9本 打点29
2016年 打率.414 本塁打29本 打点105
2017年 打率.407 本塁打31本 打点101
2018年 打率.351 本塁打17本 打点84

4割を2度記録するなど打撃は申し分ない
ただ台湾は打高投低であり打撃成績のいい選手がたくさんいる
しかし彼は台湾野球史上初の4割超え
それを2年連続で達成している事もあり台湾球界の中でも抜けている事がわかる

2.日本球界への課題

これだけの成績を見ると活躍は間違い無しかもしれないが以下の課題がある

左打者キラーへの対応

ワンボーロンは左打者である
台湾には左キラーと呼ばれる投手は数少ない
日ハムでいうと宮西、楽天でいうと高梨など左打者を得意とする投手に対し対応できるかが証明されていない
しかし選球眼の良さには台湾で定評があるだけでなく日本代表との壮行試合でもそれを証明している
選球眼が良ければ左キラー特有の外角に逃げるスライダーなども見切れるのではないか?
どう対応するか注目してみてみたい

守備への不安

打撃は成績で実力が証明されているが守備が不安視されている
台湾球界の中でも守備が上手くない方だったみたいだ
いい投手が揃う日本では失点を抑えるためにも守備力は欠かせない
日ハムへ加入した事で指名打者での出場も考えられるがまだ25歳と若い
日ハムの素晴らしいコーチングで守備力を上げ、様々な出場パターンをこなすことに期待したい

3.日ハムの予想スタメン

ワンボーロンが加わったことでチームとして打力が上がる事は間違いない
ではどのようなスタメンパターンが考えられるか

打撃型
1 西川 (センター)
2 ワンボーロン (レフト)
3 近藤 (ライト)
4 中田 (ファースト)
5 清宮 (DH)
6 大田 (サード)
7 横尾 (セカンド)
8 清水 (キャッチャー)
9 中島 (ショート)

2番に攻撃的なワンボーロンを起用
左打者でもあるため西川が1塁にいる時は盗塁のスタートがキャッチャーから分かりにくくなるため盗塁成功率が上がる

サードの大田は不安が残るがこれを想定しキャンプでも練習を積んでるため期待したい

バランス型

1 西川 (センター)
2 大田 (ライト)
3 近藤 (レフト)
4 中田 (ファースト)
5 ワンボーロンor清宮 (DH)
6 横尾 (サード)
7 渡部 (セカンド)
8 清水 (キャッチャー)
9 中島 (ショート)

これが無難なオーダーではないか

5番以外は今年のオーダーとほぼ変わらない

指名打者は清宮かワンボーロンの調子が良い方が行くだろう

清宮の調子次第では中田を休ませるのにファースト起用もあるかもしれない

いずれにしても去就不明のレアードがどれだけ日ハムにとって重要な選手かが分かる

ワンボーロンの1年目はどれだけ日本球界に適用できるか、出来ない場合は修正力があるのか?
に注目して見てみたい

ランキングボタンはブログを書く励みになるので押して頂けたら幸いです。
↓↓

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


北海道日本ハムファイターズランキング

コメント

KEYWORDS:

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

ハムちゃんほー

Author:ハムちゃんほー
野球好きの道産子ブロガー✍

野球に限らずスポーツ全般の観戦が趣味(テレビ観戦メインですが。笑)

特に野球が好きで、産まれも育ちも北海道という事で日ハムファンです⚾
2004年に北海道へ移転してきてからずっと応援してます📣

筆者自身も小2から22歳まで野球経験あり(最終歴は朝野球)
今は朝野球のチームがどっかにないか探してます!

根っからの野球人として大好きな日ハムについて発信し一人でも多くの人が野球を好きになってもらえれば幸せです😆
(理想は北海道全体が野球で盛り上がり続けてれば筆者はずっと幸せ。笑)

つたない文章での発信になるかと思いますがよろしくお願いします!

スポンサーリンク