FC2ブログ

記事一覧

北海道ボールパーク どんな球場になるのか調査

2023年の日ハム新球場「北海道ボールパーク」

アジアナンバーワンのボールパークを目指す
というだけあって日本だけでなく世界から注目が集まる

イメージはこんな感じ
FullSizeRender

木々に囲まれまさに自然に特徴のもつ北海道らしいボールパーク

緑の中にスタジアムがあり本当に野球場?と疑問に思うほど芸術性がある建物

今回の記事ではボールパーク内にあるスタジアムに絞り特徴を調査してみる

広さは札幌ドームに劣る

新球場スタジアムの収容人数は3万5千人
階数で表すと地下1階地上4階の構造になるみただ
札幌ドームと比較してみると収容人数は4万2270人
階数は地下2階地上4階構造になっておりスタジアム内の広さで比較すると札幌ドームに分がありそうだ

多種多様な観戦形態

スタジアム内の施設に着目してみる
新球場で一番注目されているのはやはり温泉に入りながら観戦できる点ではないか
レフト上段席に天然温泉の入浴施設が設置され入りながら観戦できるというものだ
1000m掘れば温泉が出てくるようだが実現に向けて動いてるらしい
水着を着ながら?などの疑問はあるが実現すれば温泉付き球場は世界初となる
ちなみにメジャーリーグのダイヤモンドバックスの本拠地チェイスフィールドは世界初プール付の球場でプールに入りながらの観戦が可能
FullSizeRender

高い入場料みたいだが予約が後を絶たないみたいだ
温泉付きが実現すれば予約が殺到する事はダイヤモンドバックスの例からも分かる

他にもレストランで食事をしながらの観戦、選手のベンチ横に観戦席を設けるなど多様な観戦パターンが魅力の1つになりそうだ


開閉式屋根により天然芝球場へ!

現在は広島のマツダ球場、阪神の甲子園、楽天のkobo宮城スタジアムなど屋根なし屋外球場が天然芝を導入しそれ以外のドーム球場は人工芝を使っている

人工芝は頑丈で管理費が安いというメリットがある反面、芝の固さにより選手が怪我をしやすいというデメリットがある
天然芝は芝が柔らかいため選手への負担が軽くなるが日光が必要となり、ドーム球場では不可能だった
開閉式屋根とガラス張りの壁面を利用する事で日光を取り入れが容易となり選手ファーストの天然芝が導入できる

しかし開閉式屋根にはデメリットがある

まず建設にかかる費用が膨大になるのは目に見えている
そして一番問題なのが開閉にかかるコストだ

ソフトバンクのヤフオクドームも実は開閉式の屋根を導入している
しかし1回の開閉にかかるコスト(電気量や人件費)は何と100万円
このコストから年に数回しか屋根を開閉しないらしい

北海道ボールパークはどのような屋根を導入するか不明だが運用面で間違いなく問題が出てきそうだ


ボールパークと呼ぶだけあり野球以外でも集客を狙う新球場

次の記事ではスタジアム外はどのような設備、施設があるのか調査しようと思う

ランキングボタンはブログを書く励みになるので押して頂けたら幸いです。
↓↓

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


北海道日本ハムファイターズランキング

コメント

KEYWORDS:

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

ハムちゃんほー

Author:ハムちゃんほー
野球好きの道産子ブロガー✍

野球に限らずスポーツ全般の観戦が趣味(テレビ観戦メインですが。笑)

特に野球が好きで、産まれも育ちも北海道という事で日ハムファンです⚾
2004年に北海道へ移転してきてからずっと応援してます📣

筆者自身も小2から22歳まで野球経験あり(最終歴は朝野球)
今は朝野球のチームがどっかにないか探してます!

根っからの野球人として大好きな日ハムについて発信し一人でも多くの人が野球を好きになってもらえれば幸せです😆
(理想は北海道全体が野球で盛り上がり続けてれば筆者はずっと幸せ。笑)

つたない文章での発信になるかと思いますがよろしくお願いします!

スポンサーリンク