今年初実戦となる紅白戦

以前、テレビで建山さんがこのキャンプの時期はどうしても打者より投手が有利になると言ってた

その理由は打者がフリー打撃で目にするのはマシンや全力投球ではない打撃投手なため、実戦で変化球などを織りぜながら全力投球する投手には慣れてないからだ

紅白戦ではそのコメント通りの結果となった

5イニングの紅白戦だったが、結果は

0対0

紅白組で投げた投手
西村、上原、宮台、玉井、井口、堀
がそれぞれアピールに成功した

その一方で個人的にはサードに注目していた

レアードが抜けた穴を誰が埋めるか、埋める事が可能なのかが気になるから

紅組は浅間、白組は近藤

二人とも難なく守備機会をこなしたが浅間の守備が印象的だった

ヤクルトから移籍した谷地が放った三遊間の打球をさばき、素早くジャンピングスローでファーストへ送球しアウト

FullSizeRender

画像は見づらいが、何が印象に残ったかというとファーストへの送球

外野では強肩を見せていたが、ここでも強肩を見せファーストへ予想外に強い送球

肩の強さがサードでも活きた

浅間は足もあるため、前後左右に打球が振られても対応できる

特に三塁線への打球はファーストへも遠い事から強肩と正確さが必要になる

ジャンピングスローという難しい体制で強い送球ができる事を証明できた浅間は三塁線への難しい打球の対応にも期待してしまう

横尾か大田がサード最有力だと思っていたが、開幕戦まで争いが激しくなりそう

ランキングボタンはブログを書く励みになるので押して頂けたら幸いです。 
↓↓ 

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村 


北海道日本ハムファイターズランキング