みんすぽにてひちょりの外国人2人の取材が興味深かった

2人の外国人とはバーベイトと王柏融

バーベイトで気になったのは
「今までバッターに対して恐れた事はない。それが自分の持ち味。日本でもその姿勢を貫き打者に向かっていく」
頼もしい1言

今季はトンキンが日本野球に適応しきれなかったがその要因が日本野球に合わせすぎた事だと分析している

メジャーから日本へ来て大きく変わったのが奪三振が少なくなり四球が多くなったこと
そして被本塁打率は少なくなったこと

これは細かいコントロールを気にしすぎて思い切った投球が出来なかったことによる結果だと考えられる

スピード、キレともに落ちて三振が減り
細かいコントロールを気にしすぎた結果
そして思い切ってストライクゾーンで勝負しようと出来なかった結果四球が増えた

本塁打に関してもメジャーではストライクゾーンで力強い球で勝負するリスクとしてメジャーでは多くなったと考えられる

トンキンはメジャーのような力強いピッチングを期待したが時間が経つに連れ日本野球に染まり成績も悪くなっていった

バーベイトには打者に対して恐れない自分のピッチングスタイルを継続してほしい


王柏融に関して私自身どのように日本の実力の高い投手に対応していくか疑問に感じていた

しかし取材の日本野球の対策は?という質問に対し
「自分の打撃スタイルは変えない。台湾の時と同様に日本の投手と対戦していく」

バーベイトと同様に自分のスタイルは変えないと力強く答えた

ありのままの王柏融が今シーズンでは見れそうだ

1年間壁に当たらず活躍し続けてくれれば嬉しいがやはり日本の投手はレベルが高い

どういう修正を見せてくるのかにも注目してシーズンを見てみたい

ランキングボタンはブログを書く励みになるので押して頂けたら幸いです。
↓↓

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


北海道日本ハムファイターズランキング