ハンコックが昨日入団会見

193センチ83キロの長身で体格が良い

ストレートの最速は158キロ
メジャーではストレートを軸にスライダー、チェンジアップなどの緩急も混じえて投球した

スリークォーターぎみに投げるフォームでトンキンと投げ方は似ている

トンキンと違う点は柔らかさがハンコックの方があるように見える
腕のしなりをそのままボールに伝え、球の回転数が多い印象
おそらくストレートだけで十分勝負出来るのではないかと思うぐらいキレがある

ハンコックは2011年に入団したが2017年まではマイナーリーグでプレー

2018年途中からメジャーに初昇格を果たし
メジャーでの成績は

試合10 投球回12.1 失点2 
奪三振11 四死球9 防御率1.46

登板数が少ないため一概に言えないが、メジャーで防御率1.46は素晴らしい

しかし気になるのが四死球の数
ハンコックの登板は中継ぎがメインだが1試合に1つは四死球を出している計算になる

日本のボール、粘る打者にいかに対応し根気強くストライクを投げれるかが日ハムで活躍できるかの鍵になりそうだ

年齢が28歳と経験、身体のキレともに一番いい時期に日ハムに来たのではないか

ハンコックは
「長い間日本でプレーする事を望んでいた」
と語っており日本野球に対する熱い思いはありそうだ

栗山監督は
「優勝するために短いイニングを投げれる投手が必要だった」

と語っており同じく新外国人のバーベイドと違い中継ぎ一本に絞っているようだ

2017年までいたマーティンのような球の力がある

かつてのマーティンのような圧倒的なピッチングに期待したい

ランキングボタンはブログを書く励みになるので押して頂けたら幸いです。
↓↓

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


北海道日本ハムファイターズランキング