ニュースを見てると日ハムのお笑いユーティリティープレイヤー杉谷に関する記事が

オフシーズンはテレビ番組に引っ張りだこだったが年末年始はオーストラリアで武者修行
アリゾナキャンプ1軍キャンプでも紅白戦で存在感をみせるなど欠かせない戦力となってる

私も最も日ハムで好きな選手は?と聞かれたら杉谷と答える

面白い事も理由の一つだが、万能かつ器用な選手で走攻守それぞれで野球の面白さを伝えてくれる選手だからである

ユーティリティーは役に立つ、どのポジションでも出来るという意味

今日は杉谷のユーティリティーっぷりについてまとめてみる


対戦投手は関係ないスイッチヒッター

スイッチヒッターは左右どちらでも打撃ができるとうバッターのこと

打者目線でいくと右打者は左投手に対し相性が良く左打者は右投手に対し相性がいい

つまりスイッチヒッターの選手は左投手の時は右打席、右投手の時は左打席に立ってより相性が良くなる打席を選べる

日ハムでいうと左打者キラーでサイドスローの宮西、公文などがいるが、スイッチヒッターの場合はこのキラーが存在しなくなる

どの投手に対しても対応できるため、レギュラーとしても、試合終盤の代打としても計算できる選手となる


長打あり、小技あり

次も打つ方に注目

2018年の杉谷はここぞという時の代打が光った

帯広の試合では、ロッテのサウスポー松永のとこで代打として登場しホームランを放ち逆転サヨナラ勝利へつながったのは記憶に新しい

また杉谷は両打席でバントも出来る強みもある

代打で送りバントを決めるシーンも何個かあった

基本的には一発に期待できる外国人選手
バントが得意な小技の出来る選手

が代打要因として控えてる球団が多いが、杉谷はどちらも出来るため1人2役としてベンチにいてくれると助かるのではないか


盗塁も出来る代走要因

2018年の盗塁数は4とそれほど多くはないが、ゼロではないというところで、相手バッテリーは警戒をする

警戒させるだけで、バッターへの集中力を少しでも切らす事が出来てるため十分代走の役目は果たしている

ものすごい俊足というほどではないが、足は早い方であるため、1点がほしい時、終盤に控えていてくれると迷いなく代走として起用できる

場面に応じて代走としても起用できる持ち味がある


内外野守れる、いてくれる安心感

この内外野守れる点が首脳陣としては最も評価してるとこではないかと個人的には思っている

2018年シーズンはショートとキャッチャー以外全ポジションを務めた

レギュラー陣が不調や怪我などで途中交代させざるを得ない時もどこでも守れる杉谷がいれば何とかなる

逆にユーティリティープレイヤーだからこそレギュラーが取れないという現実もあるかもしれない

終盤どこでも使える便利さがあるため

ムードメーカーとしてベンチを盛り上げ、ユーティリティープレイヤーとしてチームのピンチを救う杉谷

もしかすると、日ハムで最も欠かせない選手かもしれない

ランキングボタンはブログを書く励みになるので押して頂けたら幸いです。
↓↓

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


北海道日本ハムファイターズランキング