白村投手が昨日野手転向を発表

2015年に
50試合防御率2.03奪三振率10.30
中継ぎとして驚異的な成績を残しブレークしたがそれ以降は成績は下降気味

栗山監督は
獲得する時から打つ方の可能性も考えてた
とコメントしており、白村へ野手転向を打診し決定

打撃成績に関しては交流戦含め打席はゼロでありどのような打撃をするか分からない

野球を初めてから大学までの経歴を見ても打者としての著しく良い成績は見られなかった

しかし経歴を見てると身体能力の高さ、適応力の高さは分かる

小5から野球をはじめ外野手としてスタート
中学3年の時は外野手と肩が強くキャッチャーも務める
途中で肩の強さを武器に投手をはじめた
中3の途中から投手を始めたが最速139キロのストレートを投げれるまでに

また当時は4番ピッチャーで活躍していたらしく中学のレベルは分からないが打力は悪くない事が分かる

高校では投手として活躍し高3の時点では148キロまで投げれるようになり甲子園にも出場

さらに直球は大学で磨かれ153キロまで投げれるように

中3で投手を始めプロで中継ぎとして2015年のような成績を出せるということに身体能力の高さ、適応力の高さが分かる

そして外野手として出場するなら肩の強さは間違いない

2016年に栗山監督が二刀流をやらせてみたいほど白村と上原は身体能力は高いとコメントしている

打つ、走る事に関しては非凡なものがあるともコメントしている

本人も野手転向に関しては前向きに考えている

身体能力の高さ、適応力の高さを存分に発揮できるか

すぐてはなくても、長期的に見て花咲く時がくれば嬉しい

ランキングボタンはブログを書く励みになるので押して頂けたら幸いです。
↓↓

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


北海道日本ハムファイターズランキング